FC2ブログ
こんばんは、事務局長(@最近呑み過ぎ)です。

 今朝は、早くから電話でのお問い合わせが多く、対応に大忙しです。
 大半の方が、パンフレットの郵送をご希望されますが、中にはお名前もご住所も教えていただけない方もいらっしゃいます。
 多分、当協会からのセールスを警戒なさっているのかも知れませんが、当協会は、営業の電話や営業パンフレットでの勧誘は行っておりません。従って、その後の執拗な勧誘は行いませんので、ご安心下さい。
 また、パンフレットをご郵送してもお申込みが無い場合や、体験レッスンを受けた後ご入会頂けない場合も執拗な勧誘は行ってはおりません。それは、ご本人と当協会の”内容”が合わないのだと思っているからです。

 ご入会を決めた方に、”なぜ当協会を選んだのですか”と尋ねると、ほとんどの方が、”丁寧に色々教えてくれるから”とおっしゃいます。中には、”教室の雰囲気も良い”とおっしゃる方もいらっしゃいます。
 そう思っていただけるだけで、当協会は嬉しく思いますし、生徒さん一人一人を大切にしておりますので、偏った教え方はしておりません。
 ただし、インストラクターになりたい方には、より詳しく教えておりますので、ちょっと難しいかもしれませんが、それは将来先生になられたときに困らないようにしているからなのです。

 なぜなら、その後独立して教室を開き、そこに生徒さんが入ってきたら、”ここの先生、花のこと何も知らないのに先生しているんだ”と思われたら困りますし、その生徒さんが次に先生になったら、知識がどんどん先細りになり、末端の先生はほとんど何もしらないという状況を無くしたいからなのです。
 ただテーブルに作品があり、それと同じように”見てアレンジメントする”というのは、本当のフラワーアレンジメントなのではないと思っているからです。
 それならば、誰でも出来るとは思うのですが、それでフラワーアレンジメントの全てを知ったのかというと、そうではなのではないでしょうか

 そもそもフラワーアレンジメントとは、直訳で「花を配列する」ということですが、花の色合わせ、花の種類、花の生け方、花の見栄え等を理解した上でアレンジメントをするのが本来の姿だと思っております。
 大体、花の形状や色合いを見て美しく配置しなければ、わざわざアレンジメントする必要はありませんよね。
 生えているそのままの状態が、その花には一番良い状態ですし、それをわざわざ切花にしている以上、より美しくアレンジメントしてこそ、その花も活きますし、”フラワーアレンジメント”と言えるのではないでしょうか。
 その工程として、様々な”技術や手法”を駆使する必要があるわけです。我々は、それを教えているわけで、ただ花を見本通りに挿すというやり方は行っておりません。それでは誰にも何も伝わらないからなのです。

 従いまして、この考え方に共感頂けない方は、私どもは勧誘等は行わないことにしております。
 当協会は、一期一会を大切にしておりますので、その出会いがどんな形であれ、最後は”ここに通って良かった”と思っていただけることが一番大切だと考えております。
 だから、当協会は、登録されている生徒さんや先生方に対して、”一生懸命になる”ように心がけております。
スポンサーサイト




★ ブログ・ランキングに参加中です ★
下のボタンを押して下さい。宜しくお願いします。
にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ

§§ お花の資格を取るならフラワーアートクリエイター協会へ §§
フラワーアートクリエイター協会のホームページ
★弊協会へのお問い合わせはコチラから

§§ お花を習うなら弊協会直営フラワーアレンジメント教室へ §§
エトワール(東京) 銀座・恵比寿・ワカバウォークのホームページ
プチ・ソレイユ(埼玉) 新狭山・鶴ヶ島若葉のホームページ
秘密

トラックバックURL
→http://flowerac.blog26.fc2.com/tb.php/255-d32a5cec